メルセデスAMG Cクラスクーペ C63は 走りを楽しめるミディアムサイズの良血種

メルセデスAMG Cクラスクーペ C63は 走りを楽しめるミディアムサイズの良血種

コンパクトなボディに高出力エンジン
ドライビングはアクセル操作と一体化

メルセデスAMG CクラスクーペC63

ミディアムサイズの高速クーペ──『メルセデスAMG CクラスクーペC63』をシンプルにまとめれば、そんな感じになるだろう。

本社ドイツを始めとするヨーロッパで、メルセデスは極めて幅広い種別の車を扱っている。日本ではメルセデス=高級車という図式が成り立つが、世界的には自動車の総合メーカーとして認知されている。

同時に、メルセデスは20世紀初頭のモータースポーツをルーツとするメーカーでもある。オンロードでの走行性能や居住性に優れるのはもちろんだが、すべてのラインアップが「走り」を追求している。

メルセデスAMG CクラスクーペC63

『メルセデスAMG』のC63シリーズには、セダンもステーションワゴンもある。それでもクーペを選ぶ方は、まさに「走り」を優先しているのではないだろうか。コンパクトと言えるボディには、メルセデスAMGの位置づけとされる『究極のハイパフォーマンスを追求するモデル』にふさわしい性能が搭載されているのだ。

メルセデスAMG CクラスクーペC63

まず触れるべきはエンジンだろう。V型8気筒DOHCツインターボは、最高出力476ps、最大トルク66.3kgmを発生させる。高回転まで滑らかに溢れ出す強大なパワーとトルク、それにドライバーのアクセル操作と一体化した素早いレスポンスが体感できるだろう。それでいて、優れた環境性能を実現しているのだ。燃費を度外視した走りではない。

滑り出しから高速領域への移行がスムーズなのは、AMGスピードシフトMCTが密接に関係している。「MCT」とは「マルチ・クラッチ・テクノロジー」の略で、トルクコンバーターの代わりに湿式田板クラッチを使用することにより、マニュアルミッションのようなダイレクト感と高い伝達効率を生み出す。俊敏でスムーズなシフトチェンジ、エンジンの回転数をあげるブリッピング機能、瞬時のマルチダウンシフトを実現する走りは、「ワクワク」という言葉がピッタリだ。胸を躍らせてくれる。

メルセデスAMG CクラスクーペC63

『メルセデスAMG CクラスクーペC63』には、メルセデスが長く構築してきたレーシングテクノロジーが注がれているのだが、秋から冬へ向かっていくこれからの季節に嬉しいのは、「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」だろう。
メルセデスAMGモデルに標準装備されている機能で、電子制御の新型サスペンションシステムにより、運転状況に応じて減衰力が自動的に最適化され、ロール角を抑制していく。優れたトラクションとコーナーでの路面に吸い付くような安定性、限界付近でもコントロールしやすい挙動を実現するなど、正確なハンドリングを約束してくれる。

メルセデスAMG CクラスクーペC63

同じくメルセデスAMGモデルに標準装備の「3ステージESPR」は、各輪への最適なトルク配分により、スポーティなドライビングだけでなく滑りやすい路面での安全性を向上させた。

滑りやすい路面と言えば、雪道を思い浮かべる人が多そうだ。しかし、降雪地帯ではないエリアでも、真冬の朝は路面が凍結したりする。レジャーやアクティビティとなれば、吐く息の白い早朝に都心を脱出することもあるだろう。雨が降った翌朝は水たまりが凍り付いたりするから、通勤のドライビングでもこれからは路面が気になる。

メルセデスAMG CクラスクーペC63

「3ステージESPR」は高レベルな安全性を確保する「ESPR ON」、一定のドリフトアングルを許容する「ESPR SPORT Handling」、サーキットでのダイナミックなドライビングを堪能できる「ESPR OFF」の3モードが選べる。モードの切り替えはスムーズなので、突然の路面変化にも素早く対応できる。

ステアリングもシートも
納得のハイクオリティだ

メルセデスAMG CクラスクーペC63

走りを楽しむドライバーにとっては、「音」も重要だろう。デゥアルツインエグゾースト──4本出しのマフラー──が、V型8気筒らしいサウンドを奏でる。音の好みが人それぞれだとしても、その響きは悪くないはずだ。

メルセデスAMG CクラスクーペC63

ステアリングはグリップ感が頼もしい。手のひらから指先までを、しっかりとキャプチャーする。凸凹のある路面でも、激しい降雨時でも、操作性が揺らぐことはない。「走りの喜びをひとつ上の次元へ引き上げるステアリング」とも表現されるが、ステアリングを通した車との一体感を得られるという意味では、セダンでもステーションワゴンでもなくクーペを選んで良かった、と思わせてくれるのではないだろうか。

メルセデスAMG CクラスクーペC63

シートのホールド感も素晴らしい。コーナーへ連続で飛び込むようなコースでも、シートから身体が離れるようなことはないはずだ。

メルセデスAMG CクラスクーペC63

エクステリアにも触れておくべきだろう。フロントはメルセデスならではの力強さと個性を大切にしつつ、クーペにふさわしいスポーティさに優雅な雰囲気をプラスしたものとなっている。

ボディ全体から受ける印象は、ラインの流麗さだろう。2ドア特有の伸びやかで美しいスタイリングを、シャープなデザインの大径ホイールが足もとから引き締める。黒×シルバーの落ち着いたトーンのホイールは精悍さを強め、高速走行時のスピード感を際立たたせる。

メルセデスAMG CクラスクーペC63

ダイヤモンドホワイトのボディカラーは、メルセデスではラインアップを問わずに人気のある定番色だ。ショッピングモールの駐車場にも、色鮮やかな紅葉にも、海沿いのパーキングにも適応する。日差しを浴びたボディの放つ輝きは、何度見ても、どこで見ても、飽くことがない。

メルセデスのなかでは小ぶりなボディにパワフルなエンジンを積んだ意外性は、『メルセデスAMG CクラスクーペC63』に乗ることで喜びへと変わっていく。『G735Gallery』に展示されているこの一台は、2017年3月の年式で車検は2020年3月となっており、走行距離はわずかに2800キロだ。

メルセデスAMG CクラスクーペC63

メルセデスに息づく「走り」のエッセンスを味わいたいあなたに、ぜひともお勧めしたい一台である。

メルセデスAMG CクラスクーペC63に関するお見積はこちらから承ります。>>>>>

メルセデスAMG CクラスクーペC63に関するお問い合わせはこちらから承ります。>>>>>